• お互いにメリットがある期間工

    求人媒体に、かなりの確率で求人募集をかけている期間工という契約形態。
    実は、働く側と雇用側の双方にメリットがある効率のよい契約形態です。



    まず、雇用側のメリットは人件費の削減が出来るという事です。
    大抵は自動車製造工場や電子部品製造工場で募集をかけています。製造工場は、製造の並みが激しいですのでフル稼働で製造している時もあれば閑散している時もあります。

    産経ニュースを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

    換算しているときに余剰に人員が居ればそれだけで人件費が高騰してしまい、赤字をたたき出してしまいます。

    そこで、フル稼働で製造している時のみ期間工を雇えば、閑散期は契約をしなければいいだけの話ですので、人件費を削減する事が出来てしまいます。

    次に働く側のメリットは、あらかじめ契約期間が決まっていますので、自分が働きたいときのみ契約すればいいだけの話です。


    これは、特に冬場の農閑期の専業農家従事者に多く、収入が見込めない冬場だけ労働契約を結んで製造工場で勤務して、春先で契約満了で農業を再開する。



    ほかには、まとまった貯金を考えている若者が働くというケースが多いです。

    また、現住所から赴任先までの交通費と赴任先での住まいは雇用元が負担してくれます。
    さらに、就労金や契約満了後の慰労金を支給してくれるところもありますし、帰りの交通費も雇用元が負担してくれます。
    つまり、最初から金銭的負担がないのも特徴の一つです。
    さらに、正社員登用がある所も中にはあります。

    このように、期間工はお互いにメリットがある働き方です。