Wifi回線利用時のセキュリティ対策

公共のWifi回線を使用する時には、セキュリティ関係に意識を向け個人情報の入力を控える事をお勧めします。

セキュリティレベルの確認方法は使用しているブラウザでHTTPS接続を促すメッセージが出るかどうかで、暗号化された接続の場合はメッセージが表示されません。尚HTTPS接続以外でも公共のWifi回線上で個人情報を入力する時は、VPNソフト通信内容を暗号化し、個人情報が特定される可能性を抑える方法もあります。無料ソフトが配布されていますが、有料ソフトの場合はよりWifi回線の安全性をより高められる上に公共の通信環境に対応した機能が搭載されています。

WPA3はWifi回線でインターネット接続した時に閲覧した全てのデータを暗号化し、切断した後もその状態を維持できます。全ての接続が暗号化される機能でもあるので、アクセス解析によるパスワードや個人情報の不正取得を防止可能です。ただし接続機器に専用のlot接続ができる機能が必要で、機材費用が従来のWifi回線よりも高くなる為、予算に合わせた取捨選択をお勧めします。

尚WPA3はPersonalとEnterpriseの二つのモードが存在し、Personalの場合はネットワークの接続方法が従来と同じなので知識の無い方でも簡単です。一方Enterpriseは通信ビットレートを192に増加させているので、金融機関での情報入力も安全に行えるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *