これからのWifiは工事不要で設置できる

Wifiは無線通信を可能にする技術であり、建物内にルーターと呼ばれる発信機を設置することによって電波を情報端末に送ることでネット回線が使えます。

そんなWifiですが、これから先の技術として普及し始めているのが工事不要で使えるタイプです。これまでのWifiを使うためには、自宅に引かれている電話回線と連結することで初めて使用することができます。ただ電話回線との連結には大掛かりな工事が必要であるため、実際に使用するまでは時間がかかってしまうのがデメリットです。

そこでWifiをもっと使いやすくする方法として考えられたのが、電話回線を使うのではなくルーター自体を中継器として使用するという形になります。その仕組みは電波を発信する企業が自費で大規模の土地を購入し、そこに電波タワーを建造するのです。電波タワーを建築して機器を取り付けて電波を発信したら、自宅に設置したルーターへ電波を送り届けて情報端末に送るという形になります。

この工事不要のWifiのメリットは、長い工事期間がないので電波を受信するルーターに電源を入れれば即座にインターネットが使えるようになるのです。そして工事不要なので、一人暮らし家庭をしている人にとってネットを使いたいとはいえ自宅に大勢の工事をする人間を入れるのはいくらか抵抗がある人が多いです。その点ルーターを設置するだけのタイプを用いることによって、契約した企業から送られてくるだけなのでプライバシーを守られる利点があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *