Wifiモデルのタブレットで接続すれば通信費がお得

スマートフォンとタブレットはとても良く似た製品同士です。

しかし微妙に用途やデザインが異なっています。スマートフォンは携帯性に優れており、いつでもどこでも気軽に持ち運べます。一方でタブレットは本体のサイズが大きい分、携帯性では負けていますが、画面が広くなっているため、動画やテキストをスムーズに閲覧可能です。同じ様な製品を二つ持つのは一見すると無駄に思われるかもしれませんが、目的に応じて双方の製品を使い分けた方が合理的です。

例えばビジネス関連の作業はスマートフォンで、私生活に関するプライベートな作業はタブレットですれば、双方のデータや作業内容が混じり合わず、無駄なトラブルを避けられます。作業内容で製品を分けておけば、本体の容量も節約出来ますし、セキュリティ対策にもなります。タブレットにはWifiモデルがあり、これならキャリアと契約する必要はなく、家電量販店やネット通販でお安くゲット可能です。

Wifiモデルなら月額料金が掛からず、フリースポットのWifiや自宅のワイヤレスルータに接続すれば、別途コストが掛かる事もありません。キャリア回線に接続する手元のスマートフォンではSNSやメール等の軽い作業をして、通信量が多く発生する高画質な動画閲覧や写真のアップロード、動画コンテンツのダウンロードなどはフリーWifiや自宅のワイヤレスルータに接続したタブレットですれば、合理的にコストダウンが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *